売上を上げても、資金的には楽になりません。

July 10, 2018

経営者と一緒に話をしていて、違和感を感じる時があります。

 

「経営を楽にするために売上をドンドンと上げていきたい」という会話です。

 

気持ちはよく分かりますが、

売上を上げても資金的には楽にはなりません。

 

これは原理原則と言っても過言ではないと思います。

 

こうした視点にも、本来、PLとBSの見方・活かし方があるのですが、

PLの利益にばかり目がいき、BSはおざなりになってしまっていることが、多々見受けられます。

 

それはつまり、

 

 

と言った項目の管理が、おざなりになってしまっていることを意味します。

 

売上を上げるほど、

 

・原材料の仕入れが増える

・仕掛品、製品、商品の棚卸し資産が増え

 

収入と支払いのアンバランスが大きくなり、資金繰りが厳しくなることがあります。

 

外食産業のように、売上は現金でもらったとして、店舗の保証金や敷金、設備資金か必要となり、成長のためには常に事業拡大の資金不足が生じます。

 この因果関係は明らかです。

売上を上げても、資金的には決して楽にはならないと意識しておきましょう。

 

 

 

 

Please reload

テーマ別一覧
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ソーシャルメディア