© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

February 4, 2019

「iDeCo」という言葉をご存知ですか?

個人型確定拠出年金の愛称です。

国が準備してくれた、税金の優遇というメリットがある、

国民にとって嬉しい制度です。

2017年1月の改正により、ほぼ全て の現役世代がiDeCoに加入できるようになりました。

金融機関で、自分のiDeCo専用の口座を開設し、

その中に、自分で決めた金額を毎月積み立てていきます。

積み立てた資金を使っ...

February 1, 2019

ファイナンシャル・プランナーってどんな役割をする人か?

と聞かれたら、ウィキペディアによれば、

ファイナンシャル・プランナーは、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、
それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者、となります。

いかがですか?

皆さんの周り...

October 11, 2018

前回説明したのは、保険を使った対策が必要ない借入金として、運転資金について紹介しましたが、今回は、絶っ対に対策をした方が良い借入金として、設備資金を紹介します! 

会社にとって必要な3つの資金!覚えてますか?

①運転資金、②設備投資資金、③損失資金ですね。その二つ目のことです。

この設備投資の借入金というのは、会社が儲からない限り返済ができません!

運転資金の時のよ...

October 1, 2018

できる社長のキャッシュ戦略 「日立はなぜ、テレビを捨ててもまだ家電市場にとどまる?」です。

先週の水曜日の新聞の記事とダイヤモンドオンラインの記事から。
https://diamond.jp/articles/-/180637

日立がテレビの国内販売から撤退することを決めました。
 

2012年には既に自社生産を撤退し、OEMにて調達していたのですが、そこからも撤...

September 26, 2018

社長が保険に入る目的として、まず挙げられるのが、「借入対策」ではないでしょうか。

保険の担当者も「社長に何かあったら、借入金を返済できなくなってしまう可能性が高くなりますよ。。」と提案されると思います。

確かに、経営者が連帯保証をしている借入であれば、会社に問題が発生した時、経営者個人に返済義務が生じますので、資産が差し押さえられ、競売されてしまうなどといったリ...

September 19, 2018

保険の活用メリットとして、一番のメインと言えば、

経営者や役員に万が一のことがあった時の備えです。

保険の戦略には様々な内容のものがありますが、

特に「銀行借入」をされている会社の社長に対しては、

その借り入れている金額分はリスクヘッジとして

保険を掛けておかれてはどうかという提案を行います。

そして、実際に経営者に万が一が発生し、

保険金を受け取ることになったとします。

...

September 18, 2018

先週発売の週刊ダイヤモンドの特集は、「ファインナス思考」PL脳をぶっ壊せ!です。以前、当社でも紹介した、書籍「ファインナンス思考」の内容に関して紹介するものです。

日本を蝕む病「PL病」だから、アマゾンは生まれない!とあります。我々中小企業として、必ずしもアマゾンのようになることを望んでいる訳ではないので、一見すると、また大手企業向けの、小難しい話のように見え...

September 8, 2018

添付のデータの数字をご覧になられ、自社の会社の数字と比較して、問題点や課題点、もしくはその優先順位を洗い出してみましょう。

今回は食料品製造業です。食料品製造業は利益率は低い傾向にあるが、景気変動の影響を受けにくく安定すると言われますが、いかがでしょう。

貸借対照表を読むときに最も注目すべきことは「自己資本比率」です。

自己資本比率は経営の安定性を表す指標であり、...

September 7, 2018

当社のセミナーに参加される経営者の声で、
最も多いのが、「現状把握をきちんとしたい」という声です。

その背景には、

「うちの経理の言ってるややってることは正しいの?」
「税理士の説明、答えはこの一つだけなのかな?」
「銀行は進めてくるけど、本当に大丈夫?」

といった、経営の資金や財務に関わる多くの課題や判断事項を
お持ちであることがあげられます。

一見、もっともらし...

September 1, 2018

当社では、会社の財務資料の中でもバランスシート(貸借対照表)に注目します。

なぜ?

それは、本来経営者が見るべき資料は損益計算書ではなく、バランスシートであるべきだからです。

なぜ?

それは、『利益は意見であり、キャッシュは現実である』と言われるように、バランスシートには現実が詰まっているから。
 

バランスシートの中に、今後の打ち手が詰まっているからです。

「でも今ま...

Please reload