手を打つということ

September 21, 2017

今日の新聞記事です。

イギリスと北朝鮮の部分をピックアップしました。

 

それぞれ全く違う内容の記事ですが、共通点があります。

それは両方とも自国の存続を掛けて、様々な手を打っているということ。

 

 

 

イギリスはブレグジット以降、様々な局面を迎えながら、

新しい方向性に向かって舵取りを急いでいるように見えます。

 

大丈夫かな?

そんな風に見える記事が多く、ほとんどの日本人は、「イギリスって大変だなぁ」と考えているかもしれません。

 

しかし、イギリスでは既に国としての方向性が固まり、そちらの方向へ向かって着々と状況を固めていっているようです。詳しくはまた別の機会を設けてご紹介しますが、

私たち日本人では思いもつかない、そしておそらくできないことを実現しようとしています。

 

さすがは、もと覇権国家。

その歴史も経験も実績も、それはそれは並ではない。したたかに自分のポジションとスタイルを固辞しています。

 

 

北朝鮮に至っては、改めて言うまでもありません。

とても許されることをしているとは思えません。それはもう常識を逸しています。

 

しかし、善悪という視点を除外して、やっていることを見てみると自国を守ろうとする姿勢があります。あくまで個人や少人数を指しているのかもしれませんが。

 

同じ常識を逸していることで言えば、

自国の上空をミサイルに通過されておきながら、実際は何もできていない日本。

全世界的に見ても、この一番の被害者であり、当事者は日本です。

 

さも金正恩とトランプのやり合いのように、表現されていますが、ミサイルが通過している、今まさに危険にさらされているのは日本です。ここまできて今のこれって。。

 

自分たちで自分たちを守る、ということを

本気になって考えないといけません。

 

 

 

Please reload

テーマ別一覧
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ソーシャルメディア