© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

バランスシートの見方を知って会社にお金を残す方法を身に付ける

経営にすぐに活かせる!会社の現状が見えてくる!財務に関する情報が分かりやすく学べ、苦手な方でも楽しく聞いて頂けます。

こんなことでお悩みではありませんか?

☑ 家族の方が経理を担当し、内容がよく分からない
☑ 先代からの経理、税理士を引き継ぎ、不安を感じている
☑ 色々と変えたいけど何から手をつけていいか、分からない
☑ 銀行とどう付き合っていけばいいのか、自信がない
☑ 資金繰りが厳しい状態が続いているが理由が、分からない

今回、当社が主催致します、セミナーは、そうした不安を抱えた中小企業の経営者の皆さんに、ぜひ聞いて頂きたい内容となっております。

◆会社に資金を残すヒントは、バランスシートにありました!◆

今はまだ良いけれど3年先5年先が心配だ、と焦っている経営者も多く、そうした場合は、資金繰りを徹底し、資金の管理を見直し、無駄なキャッシュアウトを抑えながら経営を維持すること、そして新たなチャンスが訪れた時に、一気に進展できる資金の状況を作っておく準備が必要です。

そこで、会社にお金を残すための具体的な方法をお話させてもらいます。そのヒントはバランスシートにありました!

普段注目されることが少ないバランスシートですが、皆さんには自社のバランスシートを見て、将来をイメージできるようになり、そして、自社で取り組める具体的な方法を持って帰って頂きます。

教科書には載っていないけど、すぐに使える経営者のための情報、

法人の方に関わらず、個人事業、個人の方でもご参加頂けますので、ぜひご参加ください!

 

■講師

講師はマネージメントプランS株式会社の代表取締役かつNPO法人ジャパン・リーガル・パートナーズの理事長の田中聡です。

 

財務コンサルタントとして年間50回のセミナーを開催し、経営者としての自身の経験や視点をベースとした分かりやすい講義内容に定評があります。

 

ファイナンスの知識を活用したタックスマネジメントと資金調達、そして資産運用を得意としています。

67.JPG

【セミナーダイジェスト】

 

「バランスシート(貸借対照表)こそ、経営者が見るべき資料です。

売上の拡大、会社の成長を最優先に考えてきた今までの時代と変わり、低成長と言われる時代。

目標を定め、そこに向かって一丸となって頑張るのはもちろん大切ですが、経営者は、そんな中でも常に、

会社の現実を見ながら、直近の戦略を考えることが求められます。

​その「経営者にしかできない仕事」に欠かせないのがバランスシートなのです。
 

なぜバランスシートが重要なのか、という理由の中に、それが会社の現実であるから、というものがあります。

​その他に、そこに資金が眠っている、隠されているのが分かるのもバランスシートなのです。これは経理の方はもちろん、税理士の先生もなかなか教えてくれない情報です。知っているかどうかで、会社の資金繰りはもちろん、将来に向けたキャッシュの戦略の立て方が全く変わってきます。

 

私たちの取り組みの一部を、以下にご紹介いたします。ぜひご覧くださいませ。​情報はテーマごとに分けて、随時更新されていきます。まとめた一覧は「MPSレポート」のページをご覧くださいませ。

情報は自分で取りに行かなくてはならない

ファイナンシャルプランナーって?

できる社長の保険戦略「絶対保険が必要な借入金 設備資金!」

1/2
Please reload