© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

​社員向け企業研修プログラム

社員向け数字力育成セミナーでは、お金や数字を使ったセミナー研修を行い、社員の皆さんが持っている数字に対する苦手意識の克服を図り、社内において数字で会話ができるような意識づくりを行います。

また、社員の皆さんが抱える「お金」についての悩みや課題、心配事を解決・軽減し、社員の皆さんが、よりイキイキと会社の業務に集中して働いてもらえる、そして目標を持ちながらしっかりとした自分の人生を築いていってもらうサポートを行います。

そして、そうした一連の取り組みをまとめ、かつ社長からの言葉をまとめた情報誌、「Bridge」を社内のコミュニケーションマガジンとして作成いたします。社員同士のコミュニケーションはもちろん、社員と経営陣とのコミュニケーションの活性化を促し、社内の一体感を生み出します。

「数字のことを知らずに経営者視点は持てません」

経営を行う上で、数字、会計(お金)に関する知識は不可欠です。

それが備わっているかどうかで、結果に雲泥の差が生まれます。

 

社員の皆さんにも、数字や会計(お金)に対して強くあって欲しいです。

 

ですが、いきなりこうした意識や知識を持つようにと指示しても、しっかりと向き合い、理解し、活用することは、なかなかできません。

 

それはなぜか。

 

社員の皆さん自身の、普段の生活や人生全般においても、こうした数字の感覚や意識というものが活かされていない、ということが起因しているのではないかと当社では考えています。

 

その部分に注目し当社では、一足飛びで会社の経営に目を向けるのではなく、導入として、自分たち個人の生活・人生における数値の話を行い、「自分の人生の経営」という視点で、経営と数値の関係を実感してもらいます。

 

その上で、人生経営と会社経営とを繋げ、会社のことを自分ごととして考えられるように育成していきます。

 

また、意識や考え方を高めるためには、数字力を高めることが不可欠です。数字とはつまり実学です。数字が行動のコミットメント生み出します。

ぜひ「社員向け数字力育成セミナー・研修」をご活用ください。

【テーマ例】複数のテーマで定期的に研修を開催し、人材の地力を向上

①「経営者意識・経営者視点を持つことの重要性~みな経営者になろう!~」

 ・なぜ、お金について学ばないといけないのか。

 ・経営者視点を持とう

 ・自分のお金と会社のお金をつなげる、経営者という意識や視点を持つ

 (ワーク)それぞれの目標発表→「Bridge」の作成、配布

 

②「経営計画の大切さを知る~会社のことをより深く知り、将来を一緒に考える~」

 ・ライフプランって何だろう? 自分の人生、いつ幾ら必要になる?

 ・現在から未来を見て想定される課題、お金の貯め時、夢・未来のイメージを持つ

 ・会社のライフプラン「経営計画」について、会社の歴史、過去の成長と発展を知る

 ・これから会社はどうしていきたいかを知る(実行は重要、計画はさらに重要)

 (ワーク)それぞれのライフプランを作成し、発表する

 

③「売上・経費・利益のそれぞれを知る~どうすれば自分たちのお給料は増える?~」

 ・お給料って何?給与明細の話、家計の話、残業代の考え方、給料を時給にしてみる

 ・2種類のコストがある、自分たちの動き方でお給料は増えるという視点を持つ

 ・会社の収入について、固定費と変動費、

 ・低価格戦略の厳しさ(数字を身近に、苦手意識の軽減)

 (ワーク)会社のPLを見ながら自分たちができることをディスカッション

 

④「情報のシェアとセルフイメージの向上~自分たちの日々の気付きや行動が会社を変える~」

 ・情報というものを知る

 ・過去の常識と今、平均という曖昧な見方、自分の足で情報は稼げる、情報格差

 ・自分が気付いた情報のシェア、周りの反応、セルフイメージの向上

 (ワーク)自分が気付いた改善点の発表会、自分の発表の価値を実感する

 

⑤ 「キャッシュは経営の血液~数字をつくる能力と読める能力をつける~」

 ・借金について知る、住宅ローン、カードローン、リボ払いなど

 ・資金計画の重要性を知る、増える力と減る力、借金は悪か、昔は放っておいても増えた

 ・会社経営におけるキャッシュの重要さ、ずっと継続することの難しさを知る

 (ワーク)会社のPLを見ながら、自分たちの理想のPLを考える

 

⑥ 「保障について知っておくべきこと~福利厚生、理想の会社とは~」

 ・年金の前提条件、保険とは、社会保障とは、介護、公的なサポートについて

 ・最低限押さえておくべきことを押さえられれば、安心度が全く変わる

 (ワーク)何を大切にする会社か、自分たちにとって理想の会社とはどんな会社にしたいか

 

⑦ 「資産についての考え方~ポートフォリオ、新規事業の大切さについて~」

 ・預金がまずは一番大事(3〜6ヶ月)、それ以上は未来に対して備える、増やしていく

 ・インデックス、イデコ、保険、外貨など、私たちがとっておくべき手段とは

 ・事業もポートフォリを組むことが大切、新規事業の重要性

 (ワーク)今の自分のポートフォリオを作成して発表

・研修時間:90~120分

・経営者の意向、参加者の層により研修内容は調整いたします。

・研修開催場所は社内でも社外の施設でも問題ありません。

「社員の皆さんも自分の人生を経営していく上で、お金のことに関して常に悩んでいます。」

時代の変化により、お金の動きも大きく変わってきている時代。今までと同じようにしていても将来は明るくありません。それは、誰しもが感じているところです。

そうした不安を払拭・軽減してあげることが、社員の方にとって大きな支えとなり、安心して業務に集中し、末永く会社で働いてくれる繋がりにもなります。

​社内情報誌、「Bridge」を作成して、コミュニケーションを活性化しましょう。