ファイナンシャルプランナーって?

February 1, 2019

ファイナンシャル・プランナーってどんな役割をする人か?

と聞かれたら、ウィキペディアによれば、

 

ファイナンシャル・プランナーは、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、
それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者、となります。

 

いかがですか?

皆さんの周りにはこうした人材がいますか?

 

適切な情報を提供するためには、

情報の偏りがないか、特定の会社の情報に限られていないか、

などといったポイントが重要になります。

 

中立的な立場で、顧客にとって最適な情報を提供できることが

ファイナンシャルプランナーに対して最も求めることです。

 

そしてそれに加えて望むのは、

通常通りの情報に加えて、専門家ならではの“工夫”となる情報を持っているかどうかです。

 

 

 

同じ商品でも、その“工夫”の在る無しで

結果がかなり変わってきます。

 

同じ積み立て商品でも、利率が全く変わったり、

同じ保険商品でも、登場人物が変わることで、リターンが全く変わります。

 

当社のセミナーではそうした具体的な違いについても紹介しています。

ぜひご参考に聞きにお越しください。

Please reload

テーマ別一覧
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ソーシャルメディア