お金は借りられる時に借りておく

November 15, 2017

お金が無くなってからでは、取り返しがつかなくなってしまいます。

「お金は借りたくなった時では遅い」という内容のお話です。

 

 

「金融機関からの借入れは悪」と考えている人は少なくありません。

 

 

もし、どれだけ事業がうまくいっていたとしても地震など、不慮の事態が起きてしまった場合、現預金が底をついてしまうと、倒産に追い込まれてしまいます。

 

 

その時点で金融機関に融資を依頼しても借入ができる可能性は非常に低くなってしまいます。

 

創業の場合は、自己資金だけで創業できる方でしたら創業時に融資を受けられる可能性は十分にあります。

そこで、創業時に資金に余裕のある状態でスタートをすると万一の場合でも、会社を立て直すだけの体力を維持しておくことができます。

 

 

たしかに利息は発生しますが、これを「万一の場合の保険料」と考えれば、融資を受けることの価値を感じることができると思います。

 

少し前になりますが、「DIAMOND online」にも同じテーマが掲載されているので、ぜひ、ご覧ください。

 

http://diamond.jp/articles/-/136738

 

 

手元にある現預金の量がそのまま経営の安心に繋がりますし、それだけ事業に集中できる環境を作れることになります。

 

会社の未来のために、新しい選択肢を用意しましょう。

 

 

 

Please reload

テーマ別一覧
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ソーシャルメディア