投入する費用の少なくとも90%の回収が狙える商品

期末に想定外の利益が出た会社は、利益減らしのために中古の高級外車を購入されたり、広告宣伝を打ったり、つまり経費を多く使います。

それは必ずしも必要という訳ではないケースが多いのですが、一般的にそうするものだと考えられています。

しかし、いくら減価償却費の増大や販管費アップで利益を圧縮できたとしても、使ってしまったお金以上には取り戻せません。

企業の経営を存続させることの重要性を考えた場合、その選択は果たして正解なのでしょうか。

そうした点では、法人の生命保険の活用が頼りになります。

法人の生命保険契約は、費用で処理できるという大きなメリットと同時に、将来その保険を解約した際に、解約返戻金として投入保険料を回収できる機能が付いています。

保険プランによっては90%回収のものもあれば、100%以上回収できるものもあります。

100%回収できるものを費用化できることがいかにすごいか、それは企業経営をされている皆さんならお分かりになるはずです。

保険と保険としてのみで活用されるのは、とてももったいないことです。

上手く活用することをお勧めします。

テーマ別一覧
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square