国債購入、海外勢27%に?

May 18, 2016

5月17日の日経新聞より。

 

日本銀行が発行している国債の購入者について、

従来の購入先としては日本の金融機関、つまり銀行や保険会社が

主役であったのが、

 

 

利回りがマイナスになるということで、あまり手を出さなくなり、

その変わりに、海外勢の存在が目立ってきているという記事。

 

 

債券市場での買い付け額に占める海外勢の割合は、2004年以降で最も

髙い27%となった。

これは国内のメガバンクを上回る数字。

 

 

国債全体の残高に占める海外の保有比率は昨年末時点で10%を超えた

ということで、これは初めての1割超えという結果になっています。

 

 

従来、日本の借金がどれほど大きくなっていったとしても、その借金の借り先になるのが、

国内の金融機関であり、つまり私たち国民の預金であったり保険料であったりしたので、

借金の数字の大きさの割に、大丈夫!という信頼感がありました。

 

 

今回の傾向のように、今後日本の借金の借り先が海外の機関になってくれば、日本は安易に

借金を増やすことは難しくなるし、返済についてもしっかりと視野に入れなくてはならなくなります。

 

 

そして、そうしたしわ寄せは間違いなく私たち国民に襲いかかってきます。

極端に、分かりやすく、大々的に近づいてくるのではなく、

じわじわと、こっそりと、真綿で首を絞めるかのように。

 

 

この情報は見逃していてはいけません。

 

 

 

 

Please reload

テーマ別一覧
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ソーシャルメディア