September 8, 2018

添付のデータの数字をご覧になられ、自社の会社の数字と比較して、問題点や課題点、もしくはその優先順位を洗い出してみましょう。

今回は食料品製造業です。食料品製造業は利益率は低い傾向にあるが、景気変動の影響を受けにくく安定すると言われますが、いかがでしょう。

貸借対照表を読むときに最も注目すべきことは「自己資本比率」です。

自己資本比率は経営の安定性を表す指標であり、...

September 7, 2018

当社のセミナーに参加される経営者の声で、
最も多いのが、「現状把握をきちんとしたい」という声です。

その背景には、

「うちの経理の言ってるややってることは正しいの?」
「税理士の説明、答えはこの一つだけなのかな?」
「銀行は進めてくるけど、本当に大丈夫?」

といった、経営の資金や財務に関わる多くの課題や判断事項を
お持ちであることがあげられます。

一見、もっともらし...

April 24, 2018

・「勘」で判断していた

・専門的に技術を磨こうとしていない

・スケジュールだけあって、戦略がない。。。

何やらあまり良い感じではない言葉が羅列されていますが、

これは何かと言いますと、今日の日経の記事からの引用(独自の解釈含む)です。

地方銀行が米国債などの海外債権の運用で大きく損失を膨らませているとのこと。

タイトルとしては、「地銀揺るがす『素人運用』」。

今、地銀が置...

April 17, 2018

まず、銀行は企業が提出する決算書を、「信用できる数字として見ていない」という事実があります。

ちょっと極端にも聞こえるかもしれませんが、本当の話です。

中小企業の決算書は、融資を引き出すために利益を過大に調整されたり、節税を行うために利益を過小にされていたりすることがあります。
 

他にも、実務の部分で間違っていたりすることもあります。

出来る限り、具体的な情報を見...

April 15, 2018

改めてこの内容を京セラ フィロソフィーで読む。

自分の感覚の甘さを痛感する。

✕土俵の真ん中で、常に余裕を持ちながら仕事にあたる

〇常に土俵の真ん中を土俵際だと思って、一歩も引けないという気持ちで仕事にあたる

まさにここにかける意識の違いがある。

そこには覚悟と闘魂が要る。

余裕のある時に全力でことにあたる、そこがさも、土俵際であるという意識を持ち、

危機感と勇気を持っ...

April 1, 2018

②「全額を損金算入できる」という言葉だけに目を奪われてはいけない。

最近、また全額が損金算入できる保険の種類が出てきました。

未だに、「会社の保険は半分だけが経費になるものしかない」と誤解している

経営者や税理士がいるので、ご注意ください。

しかし、やはり法人保険は出口戦略に十分にこだわる必要がありますので、

入口、すなわち「全額を損金算入できる」というメリットだけに...

March 25, 2018

①「出口戦略」のない保険は、ほぼ意味がなく、あるいはリスクになる。

会社の保険を解約した時、保険会社からお金が支払われます。

この戻ってくるお金を解約返戻金と言います。

解約する時期によって金額は変わりますが、上手く活用すれば、ほとんど、またはそれ以上の金額が返ってきます。

支払った保険料の少なくても90%以上、できれば95%以上は戻したいところです。

言えることは、...

March 5, 2018

実は、社員さんの生活関連の支出は、会社の経費として落とすことができます。

もちろん、そのための準備と認識は必要なのですが、全く問題なく落とすことができるのです。

これは、会社の利益の調整というメリットだけではなく、社員の方の節税にもなります。

社員は普通、生活費を給料から出しますが、給料というものには税金がかかっているのです。

そこで、その生活費を会社が出すならば、...

January 11, 2018

金融機関を取り巻く環境は、どんどん悪化し、既存のビジネスモデルを継続するだけでは、金融機関経営が成り立たなくなってくる可能性が高いのではないかと思います。

まさに、「選ばれる金融機関」と「淘汰される金融機関」に分かれる時代です。

今から、「どの銀行が、どのようなビジネスモデルで経営を行っているのか」を見極めることで、「どの金融機関が、淘汰される金融機関になるのか...

January 9, 2018

2016 年度においては、地域銀行の顧客向けサービス業務の利益が減少する中、当期純利益の確保に向け、以下のような動きが見られました。

まるで投資家!?

地域銀行においては、預貸率の低下に伴い、収益に占める有価証券運用の割合が高まっており、リスクテイクに見合った運用態勢やリスク管理態勢の構築がこれまで以上に重要となっている。こうした中、顧客向けサービス業務の利益が...

Please reload

© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。