April 1, 2018

②「全額を損金算入できる」という言葉だけに目を奪われてはいけない。

最近、また全額が損金算入できる保険の種類が出てきました。

未だに、「会社の保険は半分だけが経費になるものしかない」と誤解している

経営者や税理士がいるので、ご注意ください。

しかし、やはり法人保険は出口戦略に十分にこだわる必要がありますので、

入口、すなわち「全額を損金算入できる」というメリットだけに...

October 6, 2017

日銀のマイナス金利政策が実行され、保険会社は円建て商品の販売を中止したり、保険料の値上げの実行を行いました。

これは、顧客から預かった保険料を保険会社が運用を行い、殖やして保険料の支払いを行うという仕組みが維持できなくなったためです。

そこで、外貨建ての商品に切り替えてきたようです。明治安田生命や日本生命など、名だたる大企業が相次いで。

こうした保険会社では、銀行...

June 16, 2016

期末に想定外の利益が出た会社は、利益減らしのために中古の高級外車を購入されたり、広告宣伝を打ったり、つまり経費を多く使います。

それは必ずしも必要という訳ではないケースが多いのですが、一般的にそうするものだと考えられています。

しかし、いくら減価償却費の増大や販管費アップで利益を圧縮できたとしても、使ってしまったお金以上には取り戻せません。

企業の経営を存続させる...

June 15, 2016

経営者が保険に関して導入を検討する際、一番多いのはやはり節税対策でしょう。

できるだけ費用で落とせる保険で対応したいというのが本音でしょう。

これは、保険料を払って利益を圧縮できれば法人税が減るからという理に適った措置です。

しかし、いくら全額損金算入可の保険であっても、解約返戻率の低い商品を選択すると、

税の繰り延べ効果は大きくても、最終的に保険料の多くを保険会社...

June 5, 2016

今日はセミナーに参加してきました。

日本経営合理化協会が主催するセミナーです。

私が知り得る範囲で、法人保険に関して最も実践的である講師の話を聞きに行ってきました。

タイトルは、

「できる経営者は生きてるうちに活用する

知らないと損をする!オーナー社長の生命保険」というタイトルでした。

自分自身が取り扱う商品として、基本的な部分をはじめ、実践的な事例紹介まで、5時間近く...

Please reload

© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。